パンパンむくみをなくしたい・・・

私は会社の付き合いやコンパなどで、時々アルコールを飲むことがあります。
普段は自宅で全く飲まないので、特にアルコールを飲んだ次の日には、顔のむくみがひどいなと感じることがあります。
それが週末ならばいいですが、平日に顔のむくみがあると、会社でも気が付かれてしまいますよね。
そしてなかなか改善することがありません。
最近特に年齢を重ねると、アルコールをとると水分の排泄が遅くなってきたと感じるのです。
そこで私が実践する方法は、アルコールを飲んだら、帰宅してからい物を食べることです。
量は少量でもいいのですが、例えば唐辛子の入っているキムチを食べるとかサラダにタバスコをかけて食べる。
またあったかいしょうが湯を飲むのもいいですね。
これをすることによって、体の代謝がよくなると感じるのです。
そして帰宅してすぐに食べて体がボカボカしてきたと感じたら、今度は半身浴をします。
アルコールを飲んであるので暑いお湯は長くはいっていられません。
半身浴なら長くはいって汗をかくことができるので、いいですよね。
こうすると少しは汗をかくことが出来るし、アルコールの排泄にも役に立ちます。
これを始めてから、翌朝の顔のむくみはだいぶ解消されるようになりましたね。
またアルコールを飲んだ次の日はいつもむくみで体重も増加していたけれど、それもなくなりました。
そのために、むくみも解消され、体重の増加もなく、とてもいい方法だと感じています。

続きを読む≫ 2015/11/21 18:11:21

一日立ち仕事をしていたり、歩きっぱなしだった夜に足のむくみが気になることがあります。
そういう時むくみをそのままほったらかしにしていると、むくんでいるだけではなく足が太くなる原因にもなりかねません。
むくみの原因は色々ありますが、心臓から下にあり一番遠い箇所ということもあり、足を一日よく使った後というのは血行が悪くなっていることが考えられます。
ですから足のむくみが気になってもそうでなくても、夜はふくらはぎマッサージをしてみませんか。
ふくらはぎは第二の心臓といわれるだけあり、健康とも密接な関係性があります。
ですからふくらはぎを揉むことで、足のむくみだけではなく健康な体を維持することも可能なのです。
入浴中でもいいのですが、半身浴などでしっかり温まった入浴後にリラックスした状態で、足を下から上へ揉み上げます。
ボディクリームを塗りながらならお肌のお手入れも同時に出来ますね。
下から上へ揉み上げることで血の巡りを良くします。
できれば足の裏からスタートして、足の付け根にあるリンパまで流すイメージで揉むと良いですね。
リンパへ老廃物を流していくことで、むくみもかなり軽減します。
夜しっかりマッサージしてから寝ると、翌日の朝足のむくみが減ってすっきりした感じもします。
マッサージの後にはおやすみ用の着圧ソックスを履けば、ダブルの効果も期待できます。
面倒臭がらずに日課として寝る前に5分程度でいいので取り組むことで、むくみも改善していくことになります。

続きを読む≫ 2015/11/01 15:50:01

普段、職業柄立って仕事をすることが多いので足のむくみには悩まされます。朝から夕方にかけては足の太さが違うなと感じるぐらいむくみを感じています。

 

実際ヒールを穿いているとむくみのせいで、ヒールの内側の皮が足にぴったり張り付いているような感覚を覚えたりします。しかしこればかりは職業柄どうしようもないので、なるべくヒールが低いものを選んだり、足のアーチに沿うものを選ぶことによって多少なりとも足のむくみが軽減されるような感じがします。

 

家に帰ってからは、素足になってなるべくスリッパや足を締めつけるようなボトムスは極力避けるようにしています。そうすることで足のむくみ対策にもなりますし、気持ちもリラックスできて良いのではと感じます。

 

それとフットマッサージが出来る機器で、足のふくらはぎからつま先に掛けて揉み解すようにしたりしています。そうすることでずっしりとした疲れの原因の足のむくみが消えていってくれます。それからお風呂でももちろん湯船にしっかりと使って、足首を回してみたり、ふくらはぎをつまんで揉んでみたり、なるべく次の日に万全な調子になる様にむくみ対策をするようにしています。

 

休日にはどこかへ出かける時は職場に通勤する時と違ってカジュアルな服装でラフな格好、足元はスニーカーという事が多くなりました。やはり足のむくみは靴や着ている服に影響されることが多いと感じるので自然とこういう感じのファッションが多くなっています。

続きを読む≫ 2015/10/02 15:29:02

女性にとってホルモンバランスの乱れによる不調はあることですが、それによりむくみが助長されていることもあるのです。
ホルモンバランスが正常だと体内のあらゆる機能がきちんと働いてくれますが、ホルモンバランスが乱れると、リンパの腫れや代謝機能の不良などありとあらゆる不調を引き起こし、その一つにはむくみが関係することもあるのです。
ホルモンは首の前面にある甲状腺から補給されていますが、甲状腺機能低下症などによる影響でむくむこともあります。
ホルモンバランスが崩れると体温が低下もあり、血行不良になりやすく、そういった面からもさらにむくみは増加してしまいます。
それではホルモンバランスが乱れることによるむくみは、どう対処すればいいのでしょうか。
それはまず規則正しい生活を心掛けるのは当然なのですが、それだけではなくホルモンバランスが乱れる原因となっていますストレスをどうにかしないといけません。
ストレスがあっては規則正しい生活をしていても意味はあまりありません。
ストレスを解消してむくみを解消するには、自分が楽しいと思えることをやるのが一番です。
楽しいと思えることは何なのかこれは人によりまったく違いますが、例えば好きな漫画やドラマを見たりすることもいいですし、好きな場所へ遊びにいくのもいいでしょう。
もちろんストレスを解消するには同時に体力をいりますから、体力をつけるのも大切です。
ホルモンバランスはちょっとしたことで乱れるからこそ、毎日のケアがむくみを予防するには効果があるのです。

続きを読む≫ 2015/09/22 15:23:22

むくみは冷えが原因で起こることがあります。冷えた体は血流が悪く老廃物が排泄されにくくなっています。滞った血液から水分がしみ出したり老廃物が蓄積してむくみにつながるのです。血流をよくしてあげることで滞っていた水分や老廃物が排泄されてむくみがスッキリします。
冷え症で悩んでいる女性は少なくありません。夏でも靴下がないと眠れない、クーラーがつらいといった方もいるのではないでしょうか。男性でも草食系男子といわれる方に冷え性が多くむくんでいるケースがあります。
熱は筋肉で作られます。筋肉が少ないと熱を生み出す力が弱くなって冷えるので、適度に運動をして筋肉を維持しましょう。ボディービルダーのようにムキムキになる必要はありません。冷え解消のためにはウォーキングやヨガなど軽めの運動で充分です。現代人は長時間のデスクワークや車や電車などで移動して歩く機会が減っているため、基本的な体力が低下しています。ウォーキングなど軽い運動で基本的な体力をつけるだけでも筋力をつけることができます。
食べ物も冷えと関係しています。ダイエットのために食事を抜いたり、サラダとコーヒーだけといったような偏った食事をしていませんか。こんな食事では熱を作る出す力が低下して冷えます。食事は3食バランスよく食べましょう。理想は魚、ご飯、野菜、海藻などが摂れる和食です。和食はむくみ解消によいミネラルも摂ることができます。
冷えを解消すれば血流がよくなり、余分なものが排泄されやすくむくみにくい体質に近づきます。

続きを読む≫ 2015/09/04 19:30:04

「むくみ」という言葉を聞くと、脚を連想する人がほとんどであると思いますが、意外と顔も馬鹿にはできません。女性が頻繁に「顔がパンパンになってしまってヤバい。」と嘆いている光景を、家の中やドラマの中などで目にすることがあるかと思います。つまりむくみは、顔にも深刻な問題をもたらしてしまうのです。
私も顔のむくみに悩まされてきた一人です。朝に起きて鏡の前に立つと、むくみのあまりの酷さに絶望的な気持ちになってしまうことが多々あります。まるでアンパンマンのような顔だと彼氏から指摘された時には、立ち上がれないほどの傷ついたものでした。特に私は元々、目が小さめであるため、顔がパンパンに膨らんでしまうと、余計に目が小さく見えてしまうのです。本当に最悪です。職場でも陰では笑い者なのではないかと想像すると、本当につらいものでした。顔が大きく見えてしまうため、脚が短く見えてしまい、体全体が不恰好に見えてしまいます。つまり顔のむくみは本当に良いことがないのです。
しかしちょっとした工夫を加えるだけで、顔のむくみはかなり改善されました。まずお酒の飲み過ぎに気をつけるようにしました。私はお酒をたくさん飲むことが生きがいのようなものなのですが、いつもお酒をたくさん飲んだ翌朝の顔のむくみは最悪でした。また睡眠不足も顔のむくみにつながるようなので、なるべく睡眠時間は確保するように心がけて日常生活を送るようにしました。ちょっとした生活の意識を変えるだけで、顔のむくみ具合は全然変わってくるということです。

続きを読む≫ 2015/08/31 17:41:31